Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

2018-04-26

第219回ku-librarians勉強会:北米におけるオープンアクセスと研究データ管理(国立大学図書館協会ビジョン推進事業調査報告)

18:11 | はてなブックマーク - 第219回ku-librarians勉強会:北米におけるオープンアクセスと研究データ管理(国立大学図書館協会ビジョン推進事業調査報告) - 勉強会の予定・記録

日時

4月26日(木) 18:00-20:00 (いつもと時間が違います!)

会場

環on (いつもと場所が違います!)

アクセスマップ

発表者

西岡 千文 先生(京都大学附属図書館研究開発室)

内容

発表者らは、国立大学図書館協会ビジョン推進事業の一環で、

2018年2月にカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)、

カリフォルニア大学ロサンゼル ス校(UCLA)、

カリフォルニア工科大学(Caltech)、南カリフォルニア大学

(USC)の大学図書館でインタビュー調査を実施した。

調査で明らかとなった北米の大学図書館でのオープンアクセス

ならびに研究データ管理支援に関する最新の取り組みについて報告する。尚、発表では、同行した山中節子課長より適宜コメントをいただく。

2018-03-02

第218回ku-librarians勉強会:国立国会図書館出向報告:『カレントアウェアネス』編集の実際

23:46 | はてなブックマーク - 第218回ku-librarians勉強会:国立国会図書館出向報告:『カレントアウェアネス』編集の実際 - 勉強会の予定・記録

日時

3月2日(金) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

なお、予約・事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加します。部屋の代表者は奥です。」とお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者

高城 雅恵 (エネルギー科学研究科 総務掛)

内容

発表者は2015年度から2016年度まで、図書館・図書館情報学の情報誌『カレントアウェアネス』編集を担当しました。この発表では、『カレントアウェアネス』編集の悲喜こもごもを中心に取り上げつつ、ウェブサイト「カレントアウェアネス・ポータル」更新の舞台裏や、国立国会図書館関西館 図書館協力課調査情報係での出向生活で日々感じたこと・考えたことについて、発表者がこれまで勤務した公共図書館・大学図書館での経験と併せてご紹介したいと思います。

参加者

飯尾、石原、今野、太田、奥、小野、神山(京都府立図書館)、

小松原、佐藤(大阪市立図書館)、高城、長坂、宮田、八木澤、若狭

(50音順・敬称略)

2018-02-20

第217回ku-librarians勉強会:新人企画

01:04 | はてなブックマーク - 第217回ku-librarians勉強会:新人企画 - 勉強会の予定・記録

日時

2月20日(火) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

なお、予約・事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加します。部屋の代表者は宮田です。」とお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者

若狭 あや (吉田南構内共通事務部 学術情報掛)

神村 茉里 氏(草津市立図書館)

内容

  • 若狭:「吉田南総合図書館1年目~利用者から中の人になって感じたこと~」

4月から驚きの連続で始まった吉田南総合図書館での日々。

大学を卒業し、学生という立場から図書館職員という立場になって気づいたこと、感じたことを発表します。

  • 神村氏:「私が1年間やってきたこと~市民のための図書館を目指して~」

「図書館ってこんなに忙しいんだ!」それが1年間働いてみて感じた正直な感想です。季節ごとのイベントの開催、山積みになる返却本、途絶えない貸出の列、どれも私には新鮮な光景でした。

そんな驚きと発見の連続だった1年間を振り返ります。

参加者

石原、今野、内田、太田、奥、梶谷、小松原、田中(宝塚大学)、

長坂、西田、野村、宮田、山上、山路、他1名

(50音順・敬称略)

Twitter中継

第217回ku-librarians勉強会:新人企画 - Togetter

2017-10-04

第216回ku-librarians勉強会:蔵書構築と資料提供、その基盤としての資料保存 -和歌山大学図書館の虫害対策実践報告を中心として-

13:10 | はてなブックマーク - 第216回ku-librarians勉強会:蔵書構築と資料提供、その基盤としての資料保存 -和歌山大学図書館の虫害対策実践報告を中心として- - 勉強会の予定・記録

日時

10月4日(水) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

なお、予約・事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加します。部屋の代表者は梶谷です。」とお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者

山中 節子(京都大学附属図書館 学術支援課課長)

内容

2015年、和歌山大学の図書館書庫でシバンムシ被害が発見されました。

長年、図書館で勤務する発表者にとっても、リアルに動き回るシバンムシを見た初めての経験でした。

虫食いは古典籍にだけあるものではなかったのです。

はからずも現在の新刊本受入を中心とした図書館において、虫害対策が十分できているかを再考する機会となりました。

本発表では、和歌山大学図書館の虫害対策、その苦闘の実践例を、一部動画や虫害にあった洋書現物を示しながら報告します。

併せて、学生協働、地域支援等の取り組みを紹介し、地方大学を取り巻く状況について時間の許す限り議論できたらと考えています。

(注:発表者は、2014年4月~2017年3月まで和歌山大学図書館に勤務)

参加者

飯田、石原、内田、大西、奥、梶谷、小松原、櫻井、堤(花園大学)、

長坂、永田、野村(滋賀大学)、宮田、山中、若狭、

短期研修受講生15名

(50音順・敬称略)

Twitter中継

第216回ku-librarians勉強会:蔵書構築と資料提供、その基盤としての資料保存 -和歌山大学図書館の虫害対策実践報告を中心として- - Togetter

配付資料

2017-09-15

第215回ku-librarians勉強会:Linked Dataの学術論文マイニングへの応用とLinked Dataの質の改善への取り組み

23:41 | はてなブックマーク - 第215回ku-librarians勉強会:Linked Dataの学術論文マイニングへの応用とLinked Dataの質の改善への取り組み - 勉強会の予定・記録

日時

9月15日(金) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

なお、予約・事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加します。部屋の代表者は宮田です。」とお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者

西岡 千文 先生(京都大学附属図書館研究開発室)

内容

2006年以降、Linked Dataは多くの分野でデータの公開が行われ、発展している。本発表では、はじめにLinked Dataや関連事項の導入を行う。その後、発表者が前所属機関で取り組んでいたLinked Dataを使用した学術論文の推薦システムや学術論文の分類手法について紹介する。Linked Dataはその他多くの場面で使用されているが、ときに不正確な編集が与えられるという課題がある。このような背景から、発表者が取り組むLinked Dataの時間変化パターンをマイニングすることでLinked Dataに対する不正確な編集を検出する 取り組みについても紹介したい。

参加者

天野、飯尾、井上、今野、内田、太田、大西、岡田(相愛大学)、奥、梶谷、長坂、西岡、宮田、八木澤、山上

(50音順・敬称略)

Twitter中継

第215回ku-librarians勉強会:Linked Dataの学術論文マイニングへの応用とLinked Dataの質の改善への取り組み - Togetter

配付資料