Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2001-10-25

第24回 電子ジャーナル管理システム

20:12 | はてなブックマーク - 第24回 電子ジャーナル管理システム - 勉強会の予定・記録

日時

2001年10月25日(木)

会場

附属図書館3階研究開発室

発表者

冨岡達治(京都大学総合人間学部図書館)

参加者

後藤・井上・堀部・大橋・長谷川・福井・北村・天野・呑海・山口・赤澤・藤原

資料

PowerPoint

補足資料

電子ジャーナル管理システム Electronic Journals Management System


TDNet (http://www.tdnet.com/)

Journal Web Cite (http://www.journalwebcite.com/)
  • Guided Tour (デモ)リンク切れ : ツアー形式で画面のサンプルを見ることができます
  • 導入事例

Serials Solutions (http://www.serialssolutions.com/)
  • Sample Implementations リンク切れ: 導入している機関の実装例を見ることができます
  • Partner Libraries リンク切れ: 導入機関一覧(2年足らずで200もの実績を得ているようです)

SwetsnetNavigator (http://www.swetsnetnavigator.com/リンク切れ)
Knowledge Worker (http://kw.maruzen.co.jp/)

K-Port (http://portal.kinokuniya.co.jp/)2011.4.16サービス終了
  • Journal Catalog: 創刊誌や電子ジャーナル情報を含む雑誌を検索することができる (電子ジャーナルの価格体系等を調べられるので便利)

その他
  • Openly Informatics (http://www.openly.com/) : 1cate (one-click access to everything) などのオープンソースによるシステム開発を行っている。1cateはもともと、jakeの実装の1つとして開発された。
    • jake (jointly administered knowledge environment) : エール大学に本拠をおく電子ジャーナルデータベース。 2006年サポート終了
  • Serials MasterFile (http://www.serialsmasterfile.com/ リンク切れ) : 電子ジャーナルというよりも、雑誌そのものについてのデータベース。Mission Statementsやエディタ(の変遷)など、Ulrichよりもかなり詳しい情報が得られる。年間$500の有料。

京都大学総合人間学部図書館 冨岡 達治 (ttomioka[at]ip.media.kyoto-u.ac.jp)

 |