Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2002-06-13

第32回 目録を学ぶ:新人さんウェルカム企画

22:09 | はてなブックマーク - 第32回 目録を学ぶ:新人さんウェルカム企画 - 勉強会の予定・記録

日時

2002年6月13日(木)

会場

附属図書館3階研究開発室

発表者

江上敏哲(京都大学附属図書館)

発表内容

「書誌のとも : Freunde der bibliographischen Informationen」

「総合目録データベース実務研修に行ってきました・記録」

「"金沢多言語"」

今回のまとめ

01年4月~02年3月までの1年間、附属図書館目録掛にいらっしゃった江上さんが、自ら作成されている3つのHPにもとづいて、目録作成のためのスキルについて話されました。

  • 「書誌のとも : Freunde der bibliographischen Informationen」について

http://ha6.seikyou.ne.jp/home/egami/fbi/fbiindex.htmリンク切れ

NACSIS-CATでの目録業務を主として、役に立つリンク用ページ、キープしておきたい書誌コレクション、目録習得のための新規書誌の記録などを集めていらっしゃいます。「書誌のともリンク」は必見です。「多言語な書誌 実例集」からは目録業務の奥深さと魅力が伝わってきました。

  • 「総合目録データベース実務研修に行ってきました・記録」について

http://ha6.seikyou.ne.jp/home/egami/www011029-011109/index.htmリンク切れ

NACSIS-CAT地域目録講習会の講師になるための研修の記録集です。NIIでの2週間、9時から5時にわたる研修の内容が詳細に書かれています。2. Lectureの★はオススメ度です。講義内容だけでなく感想もつけて下さっているので、とても興味深く見せていただきました。

  • 「"金沢多言語"」について

http://ha6.seikyou.ne.jp/home/egami/kanazawatagengo/kanazawatagengoindex.htm リンク切れ

石川県立図書館で講演時に使用したレジュメを使用して、NACSISと京大の多言語対応の経緯について話されました。未対応時のご苦労をうかがって、今はとても便利になって楽をさせていただいていることが分かりました。やはり文字コードやフォントの話は難しく感じました。


(感想)

勉強会前に予習のためMLであらかじめ3つのHPのアドレスを教えていただいていたのですが、見てすごく難しそうだったので話についていけるかどうか不安でした。でも講義ではとても分かり易くポイントを説明していただきました。たった1年であれだけのものを創られたということに大変驚くと同時に、これだけの成果を惜しげなく与えてくださって本当にありがとうございます。それと、最後におっしゃった「目録掛ほどサービスの視点が必要な掛はない。なぜならここで妥協して、間違ったデータを作成したなら、その本は永遠に利用者の元に届かないかもしれないから。・・・常に利用者のことを考えて、100%完璧な目録を作らなければならない。」というプロ意識にも大変感動しました。

高城雅恵(京都大学文学部図書室)

 |