Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2011-09-29

第139回 「理系研究者の生態系とe-Science」

08:34 | はてなブックマーク - 第139回 「理系研究者の生態系とe-Science」 - 勉強会の予定・記録

日時

2011/9/29(木) 18:30-

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)

京都大学附属図書館 - 館内地図 3F

※以前とは異なる会場ですので、ご注意ください。

講演者

坂本 拓(工学研究科図書掛 桂地球系暫定図書室)

参加者

赤澤、今野、大西、梶谷、紙子(京都府立医科大学)、古賀、米田、古森、

坂本、佐々木、三本木、辰野、田中、玉井、西川、野間口、野村、長坂、

安原、山下(京都府立医科大学)、山田、八木澤(敬称略)

内容

教員・院生等、理工系の研究者が、どのように研究をして、どのように研究成果を発表しているのか? ということをお伝えしたいと思います。


・査読の詳細なシステムと、新しい動向

・研究活動によって発生する成果物の種類とその性質

・研究者のType

・研究評価の制度   etc


また、今後、研究者にとって不可欠になるであろう、e-Scienceについても、上述の内容と絡めて、研究者にとっての意義や、国内外の動向、などを

お伝えしたいと思います。

主に、理系の図書室で業務をされている方に向けたお話になるかと思います。しかし、研究者の実情を知ることは、リテラシー等様々な業務で、少なからず参考になると思いますので、お時間の許す方 は、どうぞお気軽にご参加ください。

配布資料

Twitter中継

第139回ku-librarians勉強会: 理系研究者の生態系とe-Science - Togetter

 |