Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2011-10-15

第140回「京都国際マンガミュージアムの裏側をのぞいてみませんか?」

00:10 | はてなブックマーク - 第140回「京都国際マンガミュージアムの裏側をのぞいてみませんか?」 - 勉強会の予定・記録


今回は京大での開催ではなく、昨年10月の京都国立近代美術館(MoMAK)ツアーに引き続き、外に飛び出します!

京都国際マンガミュージアムにお邪魔して、館内・バックヤード見学と司書の渡邉朝子さんにお話を伺います。

土曜日開催ということで、「職場、家が遠いため平日なかなかいけないよ~」という皆さまも大歓迎です!お待ちしております。


当日の様子

f:id:kulibrarians:20111015144941j:image:w360

渡邉さんのお話

f:id:kulibrarians:20111015131843j:image:w360

バックヤード見学スタート!

日時

10/15(土)13:00~17:00 (18:00~懇親会)

会場

京都国際マンガミュージアム(地下鉄烏丸御池より徒歩5分ほど)

講演者

渡邉 朝子さん(京都国際マンガミュージアム 司書)

参加者

今野、伊豫田(堺市立中央図書館)、大西、梶谷、川瀬、木宮、

小村(大阪大学)、近堂(摂南大学図書館枚方分館)、三本木、

谷本(神戸市外国語大学)、玉置、谷(丸善/大阪市立大学)、長坂、中村、

野間口、野村、長谷川(ゆうき図書館)、日置(大阪府立中央図書館)、

東野(筑紫女学園大学)、福島(京都府立総合資料館)、

渡邉(国立国会図書館) (敬称略)

内容

京都国際マンガミュージアムは2006年に京都市と京都精華大学の共同事業として開館しました。

「博物館的機能と図書館的機能を併せ持った、新しい文化施設」という言葉通り、資料の収集保存からワークショップ・セミナーの開催まで多彩な活動が行われてます。

お話を伺う渡邉さんは京都精華大学図書館の司書として勤務の経験もあり、現在はマンガミュージアムの研究閲覧室のスタッフとして、資料の目録からレファレンス業務まで幅広く携わってらっしゃいます。そのご経験をお伺いしたいと思います。


【参考】

CiNii 論文 -  ミュージアムで,マンガを読む,描く,楽しむそして研究する--京都国際マンガミュージアムの紹介 (特集 図書館におけるまんがの行方)


~渡邉さんからのコメント~

マンガに特化したマンガミュージアムの施設の中は展覧会 イベント ワークショップ 研究部門がいろいろに関わりながら機能しています。そのなかで私は資料としてのマンガに関わって約5年経ちました。

配架や管理、情報と資料提供など、どのように積み重ねてきたか

を楽しく紹介できたらと思います。

当日の流れ

13:00 マンガミュージアム集合・館内見学

※入館料800円(20人以上は640円)

14:30 渡邉さんのお話 @研究閲覧室

16:00 質疑応答

17:00 終了・自由見学

18:00 懇親会

配布資料

Togetter

第140回ku-librarians勉強会: 京都国際マンガミュージアムの裏側をのぞいてみませんか? - Togetterまとめ

お申込み

今回は会場の都合上定員が25名となってますので申込制です。

こちらのフォームからお申込ください。

また、終了後は懇親会も開催します。

(18:00~、@烏丸御池~四条烏丸近辺、予算4,000円前後)

懇親会のみの参加も大歓迎ですので、上のフォームよりお申込み下さい。


締切:9/30

※先着順。応募状況により早めに締め切る場合がございます。

★定員に達しましたので、勉強会への参加受付は終了致します。

お申込み下さった皆様、ありがとうございました。(2011/09/29)

皆様のご参加をお待ちしております。

 |