Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2013-02-22

第160回ku-librarians勉強会:デジタルアーカイブの利用あれこれ

12:26 | はてなブックマーク - 第160回ku-librarians勉強会:デジタルアーカイブの利用あれこれ - 勉強会の予定・記録

日時

2月22日(金) 18:30-

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


入館と退館について

※学外の方の入館には、インフォメーションカウンターで入館手続きが必要です。

発表者

水野 翔彦 氏 (国立国会図書館関西館)

内容

全国の図書館で構築が進むデジタルアーカイブ。

「デジタルならではの利活用が…」とはよく聞きますが、

実際にはどのように利用されているのでしょうか。


今回の発表では、まず図書館デジタルアーカイブの概況や

利用に関する著作権の話をさせていただきます。

その後、発表者が図書館内外で見聞きしてきたいろいろな利用の

事例や、それについて考えたことなどをお話しさせていただきます。


「利用」といっても政策やシステム連携などの大きな話ではなく、

発表の後「自分も何か」と思っていただけるような手ごろなヒントを

ご提供できればと思います。

参加者

石原(萌)、今野、江上(国際日本文化研究センター)、梶谷、

川畑(奈良県立図書情報館)、佐々木、三本木、長坂、野村、

野間口、水野(国立国会図書館関西館)、八木澤、安原、山上

(50音順・敬称略)

Twitter中継

第160回ku-librarians勉強会 : 「デジタルアーカイブの利用あれこれ」 - Togetterまとめ

発表者ブログ

asob-lib: デジタルアーカイブの利用あれこれ

配布資料

 |