Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2013-03-19

第161回ku-librarians勉強会:国立国会図書館サーチ その開発経緯・機能・特長・今後

18:19 | はてなブックマーク - 第161回ku-librarians勉強会:国立国会図書館サーチ その開発経緯・機能・特長・今後 - 勉強会の予定・記録

日時

3月19日(火) 18:30-

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


入館と退館について

※学外の方の入館には、インフォメーションカウンターで入館手続きが必要です。

発表者

原田 隆史 先生 (同志社大学)

内容

2012年NDLより新しい情報探索用ツールとして、NDLサーチの提供が開始されました。

国立国会図書館非常勤調査員として、システム設計の段階からNDLサーチの開発に関わってこられた同志社大学原田先生より、NDLサーチの今後の展開とメタデータマネジメント、ディスカバリーインターフェース、システムインフラ等についてお話いただく予定です。

参加者

井上(関西学院聖和短期大学)、今野、大西、岡部(近大姫路大学)、

奥、梶谷、川原(近畿大学)、古賀(天理大学)、小南(同志社大学)、

佐々木、三本木、長坂、西川、野間口、野村、

原田(同志社大学)、藤元(国立国会図書館)、八木澤、安原、山上

(50音順・敬称略)

Twitter中継

第161回ku-librarians勉強会 : 「国立国会図書館サーチ その開発経緯・機能・特長・今後」 - Togetter

配布資料

 |