Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2013-08-22

第167回ku-librarians勉強会:国立大学法人化と研究生産性

10:40 | はてなブックマーク - 第167回ku-librarians勉強会:国立大学法人化と研究生産性 - 勉強会の予定・記録

日時

8月22日(木) 18:30-


会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


入館と退館について

※学外の方の入館には、インフォメーションカウンターで入館手続きが必要です。


発表者

高鍋唯 氏 (近畿大学 人事部給与課)


内容

2004年、国立大学は法人化によって、今までとは違った、迅速で、

競争力のある、個性ある大学組織たることが求められるようになりました。

一方で、運営費交付金の減少と、競争的資金の比率増加により、

一部の大規模大学と中小規模大学の間で、格差が生じているのではないかと懸念されています。

今回発表していただく高鍋さんは、筑波大学の修士課程で、

国立大学の法人化が研究成果の生産性に与えた影響を調査し、修士論文にまとめました。

この成果を図書館の世界でも広く共有し、研究支援等の日常業務に役立てられればと考えております。


高鍋さんから一言:

修士論文でまとめた「国立大学法人化と研究生産性」を今回のku-librariansで発表する機会をいただきました。

拙い内容ではありますが、どうぞ宜しくお願い致します。


参加者

安東(立命館大学)、石原、今野、江上(国際日本文化研究センター)、大西、小松原、坂本、佐々木、三本木、高鍋(近畿大学)、長坂、野間口、福島、宮田、八木澤(50音順・敬称略)


Twitter中継

第167回ku-librarians勉強会:「国立大学法人化と研究生産性」 #kul167 - Togetterまとめ

 |