Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2015-03-19

第189回ku-librarians勉強会:工学部一人職場会議

23:28 | はてなブックマーク - 第189回ku-librarians勉強会:工学部一人職場会議 - 勉強会の予定・記録

日時

3月19日(木) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加」の旨をお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者

長坂 和茂 (京都大学工学研究科桂化学系図書室)

中込 栞 (京都大学工学研究科図書掛)

内容

工学部の図書室といえば。「一人職場」「10個も図書室がある」「なんかバラバラ」こういった印象を持たれることが多いのではないかと思います。

多くの図書室があるおかげで、工学部経験者は多いですが、めまぐるしく変わる図書館サービスの中で、今の工学部図書掛がどのようなサービスをしているのか、詳しくご存知の方は現役職員以外、少ないのではないかと思います。

また、10も図書室があるため「次の異動先、工学部かも」という方も、特にkuに参加する方には、多いのではないかと思います。

本企画では、一見バラバラに動いている工学部の図書室が、どのように「工学部図書掛」として動いているのか、あるいは動けていないのか、今のリアルをみなさんと情報共有し、今後の工学部図書掛、あるいは桂図書館、あるいは京都大学図書館機構の姿を考えていける会に出来ればと考えています。

参加者

飯田、石原、今野、奥、梶谷、忽那、小松原、齊藤(立命館大学)、塩野、

中川、中込、長坂、西川、福島、水野(国立国会図書館)、八木澤、山田

(50音順・敬称略)

 |