Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2015-08-20

第194回ku-librarians勉強会:「図書館資料保存ワークショップ」のこれまでとこれから

22:53 | はてなブックマーク - 第194回ku-librarians勉強会:「図書館資料保存ワークショップ」のこれまでとこれから - 勉強会の予定・記録

日時

8月20日(木) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加」の旨をお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者(発表順)

天野 絵里子 氏(学術研究支援室)

堤 美智子 先生(花園大学司書課程 非常勤講師)

永田 千晃(本部構内(文系)共通事務部 図書目録掛)

内容

「図書館資料保存ワークショップ」が誕生して13年になります。人間の子どもでいえば、もうすぐ義務教育を終える年齢です。この度はku-librarians勉強会の皆さんがワークショップに参加してくださることになりましたので、ワークショップの現状、これまでの小史を知っていただいて、今後のワークショップのあり方についてご意見をいただきたいと思います。

参加者

饗場(立命館大学)、天野、今野、奥、梶谷、小松原、堤(花園大学)、中込、永田、宮田、山崎 (50音順・敬称略)

Twitter中継

第194回ku-librarians勉強会:「図書館資料保存ワークショップ」のこれまでとこれから - Togetterまとめ

配付資料

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

《出典》

書名:『防ぐ技術・治す技術 : 紙資料保存マニュアル』

責任表示:「防ぐ技術・治す技術 : 紙資料保存マニュアル」編集ワーキング・グループ編

出版事項:日本図書館協会 , 2005.3

92-93p

--------------------------------------------------------------------------------

天野, 絵里子. 京都大学における図書館資料保存ワークショップの取り組み. ネットワーク資料保存 84 Jun 2007: 2.

http://hdl.handle.net/2433/199665

 |