Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2016-06-29

第203回ku-librarians勉強会:図書館の使いやすさとは? : 奈良教育大学図書館の経験から

23:20 | はてなブックマーク - 第203回ku-librarians勉強会:図書館の使いやすさとは? : 奈良教育大学図書館の経験から - 勉強会の予定・記録

日時

6月29日(水) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加」の旨をお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者

冨岡 達治 (附属図書館学術支援課 課長補佐)

内容

みなさんの考える図書館の使いやすさとは何でしょうか?

身近なことから大きなプロジェクトまでおそらく千差万別だと思います。

奈良教育大学図書館では、平成26年に完了した改修工事により、

ラーニング・コモンズやさまざまな設備が利用できるようになりました。

その中で実施した取り組みを紹介したいと思います。

また、これまでの勤務で重点を置いた「使いやすい書式」の作成方法についても紹介したいと思います。

参加者

飯尾、石原、今野、太田、大西、奥、冨岡、長坂、宮田、八木澤

(50音順・敬称略)

Twitter中継

第203回ku-librarians勉強会:図書館の使いやすさとは? : 奈良教育大学図書館の経験から - Togetterまとめ

配付資料

 |