Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

 | 

2016-10-05

第207回ku-librarians勉強会:1950-60年代のChina Medical Boardによる医学図書館への支援

22:12 | はてなブックマーク - 第207回ku-librarians勉強会:1950-60年代のChina Medical Boardによる医学図書館への支援 - 勉強会の予定・記録

日時

10月5日(水) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加します。部屋の代表者は宮田です。」とお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者

松村 悠子 氏(長崎大学学術情報部 学術情報管理課学術情報サービス班)

内容

太平洋戦争で甚大なる被害を被った日本の大学図書館界の復興には、様々な海外の組織からの助成・援助がありました。その一例として、1950~70年代に医学系図書館へ人材・資料・施設の3つの面で支援を行なったChina Medical Board(美国中華医学基金)についてお話させていただきます。

参考:http://hdl.handle.net/10069/36164

参加者

荒木(大阪大学)、石原、今野、大上(関西大学)、大西、奥、

北島(九州大学)、児玉(滋賀医科大学)、長坂、福永(大阪大学)、

松村(長崎大学)、宮田

(50音順・敬称略)

Twitter中継

第207回ku-librarians勉強会:1950-60年代のChina Medical Boardによる医学図書館への支援 - Togetterまとめ

 |