Hatena::Groupkulibrarians

勉強会の予定・記録

2017-07-20

第214回ku-librarians勉強会:学習パラダイムから考える支援サービス:実践経験に基づいた図書館サービスの新たな展開

17:29 | はてなブックマーク - 第214回ku-librarians勉強会:学習パラダイムから考える支援サービス:実践経験に基づいた図書館サービスの新たな展開 - 勉強会の予定・記録

日時

7月20日(木) 18:30-20:30

会場

附属図書館3F 共同研究室5 (一番大きい部屋です。)


《学外の皆様へ》

学外から参加される方は以下のとおりの手続きが必要となります。

ご理解ならびにご協力頂きますようお願いいたします。

なお、予約・事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

  1. インフォメーションカウンターにて、来館目的として「共同研究室5で開催される勉強会に参加します。部屋の代表者は宮田です。」とお知らせ下さい。
  2. 所定の利用申請書にご記入下さい。
  3. お名前の確認できるものをご提示下さい。

※書庫資料もあわせてご利用の場合は身分証をご用意下さい。

発表者

米澤 誠 (京都大学附属図書館 事務部長)

内容

発表者がこれまで実践してきた、情報探索マニュアルの共同執筆や情報リテラシー科目の企画、ライティング教育の実践と理論化、協同学習法の導入と大学授業での事例を紹介するとともに、図書館サービスにおける学習支援の方向性を考える。

また、発表者が取組んできたラーニングコモンズの理論的位置づけと実践事例を紹介し、支援サービスとしての学習環境デザインの重要性について議論したい。

事前課題文献

開催にあたり、下記文献に事前にお目通しいただけますようお願いいたします。

(1)米澤誠、学習支援を広め高めるラーニングコモンズ、東北大学附属図書館調査研究室年報、3、2016年

http://hdl.handle.net/10097/63806

(2)米澤誠、eラーニングでのレポート作成授業の実践と成果評価、東北大学高等教育開発推進センター紀要、2、2007年

http://hdl.handle.net/10097/36801

参加者

飯尾、石原、今野、内田、太田、奥、梶谷、小松原、坂本、

長坂、宮田、八木澤、山上、若狭

(50音順・敬称略)

Twitter中継

第214回ku-librarians勉強会:学習パラダイムから考える支援サービス:実践経験に基づいた図書館サービスの新たな展開 - Togetterまとめ

配付資料